«ステンシルバッファを使った立体視 最新 Rössler方程式の解曲線»

床井研究室

現在ここに和歌山大学外から連続してアクセスすると,2回目以降にアクセスできなくなる現象が発生しています.その場合はお手数をおかけしますが,ブラウザのキャッシュのクリアをお試しください.


■ 2004年02月12日 [OpenGL][テクスチャ] とっても簡単なマルチテクスチャのサンプル

2006年09月23日 14:30更新

OpenGL FAQ の Q23

Windows上でマルチテクスチャを使う方法を質問されたので,とりあえずサンプルプログラムを作ってみました.うーん,修行が足りんなぁ(恥).それにしても,GeForce 4600 に同梱されていたドライバでマルチテクスチャ(の一部の機能)が使えんとは思わなんだ.うーん,修行が足りん.

wglGetProcAddress()

マルチテクスチャなどの OpenGL の拡張機能は,Linux の Mesa や Mac OS X だと何も気にせずに使えていた気がしてました.でも Windows では,wglGetProcAddress() を使って API のエントリポイント引っぱってこないといけないんですね.そのために,まず OpenGL SDK に含まれる glext.h を持ってきて #include します.そして使用する拡張機能の API,例えば glActiveTextureARB や glMultiTexCoord2fARB などの関数ポインタを用意し,それぞれに wglGetProcAddress() を使って API のエントリポイントを格納してやります.このとき wglGetProcAddress() の戻り値が NULL なら,その拡張機能がサポートされていないことになります.

#include <windows.h>
#include <GL/gl.h>
#include "glext.h"
  
/*
** GL_ARB_multitexture 用の関数ポインタ
*/
PFNGLACTIVETEXTUREARBPROC glActiveTextureARB;
PFNGLMULTITEXCOORD2FARBPROC glMultiTexCoord2fARB;
  
int initMultiTexture(void)
{
  glActiveTextureARB =
    (PFNGLACTIVETEXTUREARBPROC)wglGetProcAddress("glActiveTextureARB");
  if (!glActiveTextureARB) return 1;
  glMultiTexCoord2fARB =
    (PFNGLMULTITEXCOORD2FARBPROC)wglGetProcAddress("glMultiTexCoord2fARB");
  if (!glMultiTexCoord2fARB) return 1;
  return 0;
}

Windows の場合は,これを OpenGL の初期化の時点で実行しておく必要があります.それで,めでたく API がサポートされていれば,これらの拡張機能を使います.

マルチテクスチャの使い方は通常のテクスチャマッピングとあんまり変わりませんが,glBindTexture() でテクスチャを指定する前に,glActiveTextureARB() を使ってそのテクスチャを割り当てるテクスチャユニットを指定しておきます.また,テクスチャ座標の指定には glTexCoord*() の代わりに glMultiTexCoord*ARB() を用いて,テクスチャ座標とともにテクスチャユニットも指定します.

/* 拡張機能 API のエントリポイント */
extern PFNGLACTIVETEXTUREARBPROC glActiveTextureARB;
extern PFNGLMULTITEXCOORD2FARBPROC glMultiTexCoord2fARB;
  
/* テクスチャネーム */
static GLuint texName0, texName1;
  
void display(void)
{
  ...
  
  /* テクスチャ0をアクティブにする */
  glActiveTextureARB(GL_TEXTURE0_ARB);
  glBindTexture(GL_TEXTURE_2D, texName0);
  glTexEnvi(GL_TEXTURE_ENV, GL_TEXTURE_ENV_MODE, GL_REPLACE);
  glEnable(GL_TEXTURE_2D);
  
  /* テクスチャ1をアクティブにする */
  glActiveTextureARB(GL_TEXTURE1_ARB);
  glBindTexture(GL_TEXTURE_2D, texName1);
  glTexEnvi(GL_TEXTURE_ENV, GL_TEXTURE_ENV_MODE, GL_MODULATE);
  glEnable(GL_TEXTURE_2D);
  
  /* オブジェクトの描画 */
  glNormal3d(0.0, 0.0, 1.0);
  glBegin(GL_QUADS);
  glMultiTexCoord2fARB(GL_TEXTURE0_ARB, 0.0, 1.0);
  glMultiTexCoord2fARB(GL_TEXTURE1_ARB, 0.0, 1.0);
  glVertex3d(-1.0, -1.0, 0.0);
  glMultiTexCoord2fARB(GL_TEXTURE0_ARB, 1.0, 1.0);
  glMultiTexCoord2fARB(GL_TEXTURE1_ARB, 1.0, 1.0);
  glVertex3d( 1.0, -1.0, 0.0);
  glMultiTexCoord2fARB(GL_TEXTURE0_ARB, 1.0, 0.0);
  glMultiTexCoord2fARB(GL_TEXTURE1_ARB, 1.0, 0.0);
  glVertex3d( 1.0,  1.0, 0.0);
  glMultiTexCoord2fARB(GL_TEXTURE0_ARB, 0.0, 0.0);
  glMultiTexCoord2fARB(GL_TEXTURE1_ARB, 0.0, 0.0);
  glVertex3d(-1.0,  1.0, 0.0);
  glEnd();
  
  ...
}

GLH, GLEW, GLee, ExtGL

多分,nvsdk なんかに入っている GLH (platform-indepenedent C++ OpenGL helper library) ってのを使うのがスジなんでしょうね.拡張機能の利用をサポートするライブラリには,この他に GLEW, GLee, ExtGL(これは開発をやめてしまったらしい)などがあるようです.Windows で OpenGL の拡張機能を使うときに悩む人は結構いるんでしょうか.


編集 «ステンシルバッファを使った立体視 最新 R&ouml;ssler方程式の解曲線»